ホーム > 子育て支援事業 突撃レポート > 2017年6月23日美和つどいの広場「リトミックあそび」
     ● 

日 時 :  2017年6月23日(金)

場 所 : 美和つどいの広場

行 事 :  リトミックあそび 

 講 師 : 小坂井 加良子先生
 
     ● 

小坂井先生に来ていただき、美和つどいの広場では、
「リトミックあそび」を行いました。

当日は、0〜2歳のお子さんと保護者が参加。
楽しいひと時を過ごすことができました。

最初は、先生と「おはよう〜」のご挨拶!
そのあと、「おはよう」の歌に合わせて、
お膝の上で、ゆらゆらします。

でも、子どもたちは、ちょぴり緊張気味
何がはじまるだろう。
ドキドキしながら待っています。





最初は、「サンバでさんぽ」のアップテンポな曲に合わせて
いろいろな動物に変身しました。

その後は、おかあさんのお膝の上で魚になったり、
バスに乗ったり。
ふれ合いあそびを楽しみました。

「カエルの合唱」では、ストレッチ体操を。
おかあさんが、子どもたちを膝に乗せ、
お尻だけで前に進んで、後ろに下がり
前屈までしたのです。

先生のようには、出来なかったけれど、
とても、気持ちが良かったです。


   


次は、フラフープを利用します。
フラフープを電車に見立てると、
小さな運転手さんが誕生します。
「しゅつぱっつしんこ〜う」の合図で、出発。

そして、先生の「赤で〜す!」の号令がかかると、ストップします。

でも・・・   あれれ・・・
フラフープがコロコロコロ。
急いで追いかけねばなりません。


   


「何かでてきたよ〜」の声で、大きな網が登場しました。
「魚あそび」のはじまりです。

大きな網をみんなで力を合わせて
「エンヤコラショエンヤコラショ」 と引きあげます。
網から出てきたのは、カラフルで大きな魚たち。

魚をさわる子、網の下に入って遊 ぶ子、それぞれ自由に楽しみます。

魚が跳ねて、網から落ちると
子どもたちは漁師になって捕まえます。


   


最後は、両手で大きな口をつくり、「ワニの親子」でなって散歩します。

そして、元気に「さよなら」のごあいさつ!
たくさん体を動かせて、スキンシップもできる、
子どもも大人も、大満足な時間を過ごすことができました。。


   


「リトミックあそび」は、産後のダイエットやストレッチ、
育児のリフレッシュにピッタリです。
興味のある方は、今後の予定を見て
各施設に申し込んでください。
みなさんのご参加をお待ちしています!!

●10/2(月):甚目寺子育て支援センター
●11/6(月):七宝つどいの広場      

 ←ホームへ                                     ↑Topへ 

サイトについて免責事項・著作権等 個人情報の取り扱いについて サイトマップ