ホーム > 子育て支援事業 突撃レポート >  2015年1月28日美和子育て支援センター
     ● 

日 時 : 2015年1月28日 10:30〜

場 所 : 美和子育て支援センター

行 事 : わらべうたあそび
 
講 師 : 山口 陽子先生

     ● 

今回の取材はこちら!

美和子育て支援センターで行われた「わらべうたあそび」です。
「わらべうたあそび」は年間を通して、毎月1回開催されています。
今回は、親子30組の参加があり、とてもたくさんのお友達がわらべうたを楽しみました!





お手玉を頭にのせて、「ぺったらぺったんもちつけもちつけ・・・♪」

次は、顔あそびで、「こーこはとうちゃん」
お母さんが、こどもをお膝に乗せて、おでこ、ほっぺ、あご等を順番にさわって…
最後に、こちょこちょこちょ! こどもたちの笑い声が響きます!





絵本「ぽんちんぱん」では、おいしそうなパンが次々とでてきて・・・
「ぱんぱんしょくぱん、ぽんちんぱん」楽しいリズムに乗って、みんなで一緒にうたいます。
自分の食べたいパンがでてくると、絵本にみ〜んな集まってきました!





もうすぐ節分。今度は、「鬼の豆」です。
お手玉で豆まきをみんなで楽しみました。鬼がでてきて大喜び♪
なんと、豆があたると、鬼がくるっとひっくり返り、福の神がでてきて、びっくりです!


    


「泣こかい飛ぼかい」では、みんなで立って、お母さんと一緒に飛ぼう! 
 なこかい とぼかい なこよか ひっとべ!

「おしくらまんじゅう」では、
 おしくらまんじゅう〜おされてなくな〜♪ とお膝に乗りながら、
 お母さんと仲良くおしくらまんじゅうをして、あたたまりましたよ。
 みんな、ほっかほかになったようですね!

 わらべうたを歌うと、大人も子どもも、ホッと安心できるような、
心を癒されるような温かい気持ちになれるような気がします。
 日常では、わらべうたを歌ったり、聞いたりする機会も少ないと思いますが、
 ここでは、わらべうたを通して、お母さんとお子さんが目と目をあわせ、ふれあいながら、
 とても楽しいひとときを過ごされたようでした。

 お母さんの中には、「泣いている時やぐずった時に歌うと子どもが落ち着くのでとても役にたっています」
という声や「覚えた歌をお家でもたくさん歌って、スキンシップをとりたい」
「子どもが覚えたわらべうたを口ずさんだり、手遊びをしたりしてお家でも楽しんでいます」という声もありました。
 
 ぜひ、子育ての中で、わらべうたを取り入れていただいて、ゆったりした気持ちでこどもと向き合いながら、
 共にうたいながら、親子のふれあいの時間をたっぷり楽しんでいただきたいなと感じました。
 
 
 次回は、2月25日(水)の予定です!
 美和子育て支援センターでは、毎月第4水曜日に行っていますので
 初めての方もお気軽にご参加くださいね。お待ちしております♪

 取材:花木・宮地   撮影:宮地

 ←ホームへ                                     ↑Topへ 

サイトについて免責事項・著作権等 個人情報の取り扱いについて サイトマップ